たばこと禁酒法

l-1392.jpg

・世界で初めて禁煙運動をしたのは、ヒットラー。それが優生学、人種差別、ファシズムにつながった。1930年くらい、今から80年くらい前。
・ブルントランド。ノルウェーの首相、小児科医。彼女が、禁煙運動の立役者になった。彼女は、WHOトップにいたが、やめ際に今度は「電磁波とアルコールを一掃したい」と言ったという。つまり、きわめて排他的な思想の持ち主と言える。
・禁煙派は、こう変わった。 タバコ吸うと肺がんになる→副流煙(1992年平山論文)
これは、禁酒法と同じ。タバコ吸っても、本人が寝床で数て何が悪いの?憲法に反してないと主張⇒副流煙にすり替えた。
禁酒法も、本人が寝床で吸うには問題なし⇒酒の販売と輸送を禁じた(ギャング、アルカポネの横行)
・日本では、アメリカの動きに合わせて禁煙運動がはやった。1900年くらい~。
・受動喫煙の問題⇒人に迷惑をける、これは間違い。

副流煙は害が2倍になる。ただ、吸ってる本人は、主流煙および副流煙を吸う。副流煙は、毒性が2倍だが隣にいる人間は煙が5000/1に希釈される(武田邦彦談)つまり、2500本吸って1本吸ってることになる
・アイヌ民族はタバコを吸ってたという、タバコ吸う人は穏やかだ。
・ブリンクマン指数。1日のタバコ本数×年数で求めらえる。400で肺がん危険性。つまり、20本吸っても20年は吸える。10本なら、40年(20歳から吸っても60まで)吸える


つまり、たばこはとりわけ肺がんに対してはそんなに害はないのだ。
スポンサーサイト

アーヴィング・ゴフマン

Erving_Goffman.jpg

写真の人物の中は、アーヴィング・ゴフマン。
アメリカの社会学者。


彼の言葉『人間とは、役割である』とても有名である。
シェイクスピアの演劇から考察を深めたそうだが、

彼によれば人間とは、対人関係の中で
自分を作る。

つまり、私なりに解釈をすれば、
本当の自分なんてものはなく、ありとあらゆる人は
自分とは他人が作るってことだ。

それを分かったうえで、
他人を認めてあげれる。

それができる人が、自分をも認めることができる。
真に、自分がしっかりした人だということができるだろう。
自分もいつかそうなりたい。

田中角栄という男

この前、『総理の椅子』と言う漫画を読んだ

s.jpg

この主人公は、確実に田中角栄をモチーフにしていると思う。

人の心をつかむ天才。政策ではなく、人柄・人気。
金と権力。ある種のストーリーと作りやすさと、話題性。

そうしたまやかしは、今はもう通用しない。
これだけ情報があふれる時代には神話は作られない。

だから、田中角栄という男は、戦後のあの時代が生んだ
1つの伝説になりえるのだと思う。

・新潟3区、田中角栄のふるさとには4つの橋がある。
和田橋、市中橋、井角橋、東栄橋。この4つの真ん中を取ると、田中角栄になる。

・新潟3区から初出馬したときの演説。
新潟の群馬の間に三国峠があります。
『この峠をぶち壊せば、越後に雪は降らなくなる。皆さんが、冬の間雪で苦しむことはなくなるのです。
なに、掘った土は、海を埋め立てて佐渡から地続きにすればいいんですよ。』

・暑がりであったことから、東京拘置所に拘置されているときに、アイスクリームを自費で買えるように法務大臣に圧力を掛けて、購入できるようにした。現在でも東京拘置所ではアイスクリームが自費購入できるとの事。

・目黒の田中邸から新潟の田中邸までは、3回曲がるだけで行ける。
http://matome.naver.jp/odai/2140305891208331501?&page=1

・上越新幹線に浦佐という駅がある。なぜこんなとこに?という場所だ。
そこの駅の前に田中角栄の銅像がある。

定義の変化とその意味について

日本産婦人科学会は、不妊治療の期間を、女性が希望していても妊娠しない2年→1年に変更したという。
晩婚化で、早くから治療を受けたほうがいい人が増加しているためだという。
http://mainichi.jp/select/news/20150601k0000m040060000c.html

140209_smile.jpg


6組に1組が不妊で悩んでいる。知らなかったので、衝撃的な数字だ。

定義の変化には必ず意味がある。今回で言うと、晩婚化が大きな要因になっているはず。
で、ほかにも、例えば少年犯罪とか、たばこによる肺がんとか、定義が変化したために統計上の数字は大きく変わってしまった、と言うものは世の中にたくさんある。

定義が変わったのには、何か意味があることが今回わかった。でも、統計を扱ったグラフを見たりするときにそんなことは意識しない、そこを利用されている可能性がある。

天安門事件

天安門事件

この写真はなんだろうか?
天安門事件を象徴する写真として世界中で有名な1枚。

民主化運動をした学生を中国共産党(人民解放軍)が、弾圧・抹殺した事件。
中国では、ネットで検索しても出てこない。

なぜか。中国ではこの事件そのものをなかったことにしたいからだ。
中国は、大きなコンプレックスを持っている。自国の大統領、国会議員がだれ一人として国民から選挙でえらばれていない
ことだ。

だから共産党の支持は脆弱なものだ。そこで、中国は共産党の支持率が危うくなると、反日キャンペーンを行う。
「中国共産党は、かつて日本軍の支配によって蹂躙されていた国民を救った英雄なのだ、と。

この辺のやり口は、アメリカに似ている。アメリカはよせ集まりの多民族国家である。
だから、国を一つにまとめるために戦争を行う。みんなで戦う。それが国家を一つにするやり方の一つだと知ってる。

中国(中華人民共和国)は、アメリカによって作られた。かつて、日本の占領下だった朝鮮半島は、冷戦終了後、ソ連が北朝鮮を作り、アメリカが中国を作った。作ったというのは、アメリカの指示によって都合のよい大統領が選ばれた、と言うこと。

だから、両者のやり口は似ている。

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR