忌野清志郎追悼ライブはよかった

a53a041c2251ce2b744438f7712069a8.jpg

5月2日は忌野清志郎の命日で、毎年信仰のあったミュージシャンが集まり追悼コンサートを行っている。
忌野清志郎ロックンロールショー。

渋谷の公会堂で行われたコンサートに今回行ってきた。奥田民生、トータス松本、曽我部恵一(シンガーソングライター)、細野晴臣(元ハッピーエンド)、と言うそうそうたるメンバー。そしてなんと、井上陽水も来た!!

奥田民生のスローバラードは圧巻だった。ああいうオッサンになりたいと常々思う。飾らない、この日集まった人は皆そうだった。偉くて知名度もあって、才能もあるのに、まるでみんな子供のようにただ純粋に音楽を楽しんでいるような、そんな光景だった。

それは、忌野清志郎も同じだったに違いない、あの人こそだ。
最後に、忌野清志郎の過去の映像が巨大スクリーンに映し出された。その中で、有名な「21世紀になったのに、世界は平和にならない。政治家は間違ってる。みんなに確認したいことがあるんだ。愛し合ってるかい?」と言う言葉が連呼された。

私は、この人はなんてピュアなのか、と思った。みんなファンだから違和感はないが、これを街頭でやってたらどうだろう?

ただのキチガイだと思われるはずだ、みんなから憐れまれるはずだ。いいこいた爺が何言ってんだ、と。
忌野清志郎はそういった批判をつねにうけながら、それでも自分の理想を、音楽の楽しさをまっすぐに信じ切っていた人に違いない。それは、本当にすごくて、だれにもマネできないことではないか、と思った。


DSC_0072.jpg
DSC_0069.jpg
DSC_0074.jpg
スポンサーサイト

椎名林檎~危なっかしさの魅力

椎名林檎が好きだ。

tumblr_mkcdeheUh81s7uq56o1_500.jpg

前から知ってたけど、最近好きになった。

好き嫌いに理由なんかないと誰かが言ってたけど、椎名林檎は無性に好きだ。
声もいいし、顔もいいし、とかいろいろ言えるけど、まあ好きですってことで。

日本、和的な美的センスがこの人には強いんだなって思う。
イチローが好きなのもそこらへんも理由の一つなんだろう。
昔、『僕らの音楽』でイチローと対談したとき、めちゃめちゃアガッてる椎名林檎がとてもかわいかった。

イチローに、最高だよね、とか言われて『もうずるいです』とか何とか言ってたと記憶している。

ところで、デビューしたての頃はジャニスジョプリンみたいになってほしいみたいなファンの声があって悩んだことがあると言ってた。
ジャニスジョプリンと言えば、夭折してしまったロックミュージシャンとして有名だ。
ロックの世界には、27クラブというのがあって、才能にあふれながらも27歳で死んでしまった人たちを指す。

カートゴバーンとか、ジョニスジャプリンとか、ジミヘンとか。

みんな薬物とかにはまってしまうんだよね。

で、椎名林檎にもそんな雰囲気というか、よくわからない危なっかしさみたいなのがあって、そこが魅力なんだと思う。

そう考えると、どこか危なっかしい人に魅力を感じるかもしれない。
自分もそうなりたいのだろうか…

ラモーンズ

ラモーンズ。ニューヨークから誕生し、パンクの走りと呼ばれた伝説のバンド。

昔、ジョーイ・ラモーンが言った言葉がものすごく印象に残っている。
『ガキが俺たちを見た時に、これなら俺でもできると思ってほしかった。それこそがロックだろ?ジミヘンなんて
20年練習したってできっこねぇよ。』

簡単でシンプルなコード。それでも伝わってくる唯一無二のオーラ。

まずは、電撃バップ
電撃バップ
あの有名な掛け声はこの曲から。

ロックンロールレイディオ、シーナ・イズ・ア・パンクロッカー、

名曲ぞろいだな~!!


Rocket to RussiaRocket to Russia
(2001/07/02)
Ramones

商品詳細を見る

サマーヌード、いい曲じゃねぇか

[広告] VPS
YO-KINGの声がいい。伸びとかすれの融合。
SUMMER NUDE 999 REMIXSUMMER NUDE 999 REMIX
(1999/07/01)
真心ブラザーズ

商品詳細を見る

甲本ヒロトの名言

甲本ヒロトは、私が最も好きな有名人であり、ミュージシャンである。
かつては、ブルーハーツ,ハイロウズの、今はクロマニヨンズというバンドのボーカルをしている人だ。『リンダリンダ』を歌った人、と言えば一番わかりやすいのか。

以前、ライブのDVDを見ていたら、彼がこんなことを言っていた。『楽しいと楽って、同じ漢字を使うだろ?でも、意味は対極なんだなぁ。勘違いしてる人が多いんだ。』
私は、甲本ヒロトほど楽しそうに歌をうたっている人を見たことがない。(私の知る限りですよ)見てるこっっちにも、「ああこの人はロックが好きなんだなぁ」というのが、伝わってくるのだ。甲本ヒロトを好きな人なら、同じことを思う人も多いのではないか。で、そんな人が、ライブをしているとき、おそらく楽しくて仕方がないであろう人が、楽しいと楽は必ずしも一致しない、ということを教えてくれた。これほど説教臭くない、温かなエールがあるだろうか!

やっぱり、同じ言葉を言うのでも、発する人によってそれが届いたり、届かなかったりする。私の場合は、甲本ヒロトさんに言われてハタと気付いた。
『楽しい=楽じゃないんだ』と。

それ以来、楽しいことをする時は、なるべく楽をしないように気をつけている。例えば、誰かと付き合うのも楽じゃないですよね?オシャレに気を遣うのも楽じゃないですよね?自分がしたいことをするのも、楽じゃないと思う。これも甲本さんの言葉。

それを忘れずに過ごしていきたい。

甲本ヒロト
最後に、甲本ヒロト名言集を載せておきます。ファンの方は、是非。
プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR