養老孟司・太田光『人生の疑問に答えます』

養老孟司と太田光。私が好きで、尊敬している2人である。そんな2人の対談集が、本書。タイトルの通り、一般読者からの疑問(夢について、家族について、仕事について…)にこたえるというもの。

太田光は、頭はいいのだろうけど、典型的な文系の感がある。感覚でやる、フィーリングでしゃべる。一方、養老氏は、典型的な理系。そして、めちゃくちゃに頭がよろしい。あったことはないのだけど、養老先生と呼びたくなるほどである。その回答は、明快で論理的、現実的で実利的。一般の人にも当てはまることをおっしゃってくれる。だからこそ、出す本出す本がベストセラーになるのだろう、と予測できる。

さて、本書にはそんな師玉の言葉がいっぱい詰まっているのだが、なかでも私が感動し、過去に救われもした文章を載せておこう、備忘録として。

養老氏。『悩みには答えがないんです。どういうことかというと、ある状況について問題だと思い込んでいる、まさにその状況こそが問題なのであって、状況自体が変化してしまえばば問題でなくなるんですよ。いわば自分の感じ方、考え方が変わってしまうんですね。

これは、よく養老先生が言われるとこである。『人は、変わる。』と。自分が変わっていない人は、進歩していない証拠なんだ。自分が変わっていく、そのこと自体が絶妙な味わいを持つ。それを生きるというんだろうと。

私も様々な悩みがあったが、この言葉でかなり救われてきた。これから先も、たびたび困難に遭遇するのだろうけど、この言葉を糧に生きていきたいと思う。

追加で、太田氏の言葉も載せておこう。『何か先に楽しいことがあるときは、その手前が一番楽しかったりしますよね。養老さんのように、仕事がなくなったら虫採りができるという、先にすごい楽しいことを想定している人は、実は先が楽しいのではなく、今が楽しいんですね。

太田
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR