この写真は、なんであろうか?
もうすぐ2年ほど前になってしまうのか、東北電車で1周旅行において、秋田~新津間の羽越本線の車窓からの眺めである。今こうして文章にしていても、絶対にとりこぼしている。それくらい、素晴らしい景色であった。今まで曲がりなりにもいろんなところに旅行してきたが、この時ほど鮮明に記憶しているものはない。羽越本線なんて、知名度的にはかなりマイナー(鉄道ファンは別だけど)で、私もこんな景色を想定してはいなかった、それだけによかったのかもしれない。

車内には、地元のおばあさん、おじいさんと期末テストでもあったのか、早帰りの地元高校生くらいしか乗ってはいなかった。平日の昼間、今にして思えば大学生くらいしかあの時間に遊んでいられる身分はない。ああ、なんと貴重な時間であったのか…。閑話休題。

しかし羽越本線からの眺めはよかった。雄大な日本海、むき出しの自然を感じさせる岩々。今まで見たことのない種類の景色であった。今こうして文章を書いていると、余計にこの絶景の素晴らしさを思い出すとともに、あの時のあの感情には決して立ち返ることができなのだ、という一切空、切なくそしてあったかい何かを思い起こさせてくれる。

私が、今後、電車に興味を持つとすれば、この旅がかなりの引き金になっていると思っていいだろう。

羽越本線の写真
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR