タバコとナチス

面白い動画を観たので、備忘録。
タバコは止めないほうがいいという趣旨の対談で、対談者は池田清彦、武田邦彦である。

お2人は人として面白くファンであるため、つい見入ってしまった。

2人によれば、タバコと肺がんの因果関係はあまりないことは知られているらしい。とにかく、個人の自由を国家や他人が弾圧する今の風潮は確かに『禁煙ファシズム』だと言われても仕方のないことだろう。タバコはあくまでその一例に過ぎない。、
だから、ほかのことでも言われるようになるはずだ(もう言われ始めている)

ファシズムと言えば、ナチスである。

以下、備忘録。
・世界で初めて禁煙運動をしたのは、ナチスであった。
・世界で初めて源泉徴収をしたのもナチスである。もとは、軍資金を確保するための制度だった。第2次世界大戦後、日本はナチスに倣って導入した。
ナチスの発明ナチスの発明
(2011/09/20)
武田 知弘

商品詳細を見る

ナチスの発明ナチスの発明
(2011/09/20)
武田 知弘

商品詳細を見る

・日本はもともと、大麻があふれていた。が戦後、進駐軍が大麻を吸って仕事をさぼるようになったので大麻取締法が作られた。よって、大麻取締法には前文がない。
・ドラッグは、アップ系とダウン系に大別される。大麻はダウン系だが、覚せい剤はアップ系。(昔、ヒロポンというのがあった。
あれはアップ系。戦中に、兵隊に軍が支給していたもの。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR