スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見た目を気にする日本~重症サリドマイド児の死亡率

最近、面白い本を読んだ。養老孟司の『手入れという思想』である。

養老孟司特別講義 手入れという思想 (新潮文庫)養老孟司特別講義 手入れという思想 (新潮文庫)
(2013/10/28)
養老 孟司

商品詳細を見る


その中の一説。

『日本全体という大きな世間をとりますと、まず第一に、そこに入れてもらうのは場合によって非常に難しいことがある。両親が日本人で、日本に生まれれば、まず問題なく通ります。ただし、それも赤ちゃんとして生まれてからの話です。新生児の段階で入る。では胎児はどうかというと、日本では胎児は人間ではありません。母親の一部です。外から見えませんので、これを中絶することは日本では何の問題もありません。』

『私は解剖で人体の展示をやっていましたが、一つだけ絶対に展示できないものがあるのです。それは先天異常児、奇形児です。これはどんな場合でも、展示にかかわる職員が嫌がるんです。こんなものは出さないほうがいいと。
 日本の重症サリドマイド児の死亡率は75%でした。それが欧米では同じ診断の子供さんは25%しか死んでいません。この差は異常です。医学技術のレベルは日本と欧米で同じだったのですから。残り50%は何らかの形の間引き、たとえば生まれた状態で自然に死ぬに任せるというか、間違いなくそういうことが行われたはずです。』


日本は非常に外形を気にする国です。武道でも茶道でも生け花でも、型とか形に強くこだわりますが、それはそのまま人間の「形」にも応用されます。したがって平成に世の中になるまで「らい予防法」があった。「らい予防法」は顔の形、手の形が変わる、こういう人は外に出るなという法律です。こういう特定の病気の患者さんを収容所に閉じ込める法律をついこの間まで持っていた国は、おそらく日本だけだろうと思います。』


日本では、世間のメンバーになるために暗黙の条件がある。
ハーフが違和感を持たれるのもそのためだ。しかし差別とか、そういう言葉で片付けるほどこの問題はやさしくない。
日本の美意識にまで根を下ろす根源的な問題であることがわかる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。