官製ワーキングプア

『官製ワーキングプア』という言葉がある。今や、20代の2人に1人が非正規雇用者という時代であり、その分雇用の安定した公民を志望する学生が増えているのは周知の事実である。
が、公務員=安定という図式は必ずしも当てはまらないことを学ぶことができた。実は、自治体職員や保育士、教員などの世界で非正規労働者がこの10年間ほどで急増しているのだ。やはり、小泉構造改革に端を発した『公務員の民営化』『市場主義』などがその要因であろう。
今挙げた仕事の中では、保育士が圧倒的に非正規労働者の割合が高いようだが、自治体によってはその半数以上を非正規でまかなっているところもあるという。(動画では、東京の自治体が紹介されていた。)http://www.youtube.com/watch?v=uL7FmgQgOtI

学校の先生でも、非正規の割合は高まっており、公立高校全体ではおよそ2割が非常勤講師で、定時制高校に限っていうなら、3割が非常勤講師だという。(非常勤と臨時は違う。非常勤のほうがより待遇が悪い)
サンデー毎日より詳細をまとめておく。
『学校もブラック化している』
非常勤<臨時<正規 の構図
非常勤…ほかの学校やバイトと兼務。ボーナス、昇給なし。公立高校全体では、約2割、定時制高校では約3割が非常勤。(定時制は、時間が不規則で指導も大変なため皆がやりたがらない)(文部科学省の調査)
これから人口が減る中で、正規を取るわけにはいかない→雇用の調達弁
臨時…1年ごとに更新される非正規。*国に統計がないため、正確な値が出せない。非常勤と同程度か。
正規に比べると、ボーナス、昇給が低い。生涯賃金で5000万ほど低い。

以上のように、公務員=安定というのは、あくまでも正規職員に限った話であり、(それすら実は怪しい。これから公務員の待遇は厳しいものとなるだろう)これだけ非正規職員が多い現状ではその考えは当てはまらないことが分かった。ちなみに、公務員は民間に比べて給料をもらいすぎているという批判がよくあるが、あれも簡単な数字のトリックによるものである。公務員の場合は正規職員に限定して算出しているが、民間の場合は非正規職員も合わせて算出しているため、公務員のほうが給料がいいように見えるだけなのである。
http://nensyu-labo.com/2nd_koumu_tihou.htm


官製
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR