スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白夜行、幻夜

び

東野圭吾著、『白夜行』および『幻夜』を読了。
この2つ、特に白夜行は、数ある東野作品の中でも代表作としてファンに絶大な人気を誇っていることは知ってた。が、今まで読んだことがなかった。理由は簡単、書店で見かけたときに『ひぇー、分厚いなぁ~』と思ってしまったからである。それ以来、ずっと敬遠していた。読み切れるだろうか、と。途中で飽きないだろうか、と。
どうやらその不安は杞憂であったようである。どちらも、ページをめくる手が止まらなかった。
 実は、『白夜行』に関していうと、最初はちょっと退屈だった。以下、ネタバレになるかもしれない。
冒頭は、大阪で起きた質屋殺しの事件が紹介され、真犯人は迷宮入りしたことが書かれている。事件自体は地味なのである。別にどうということもない、これがどう進展していくのか。そう思ったくらいである。しかしそこにこそ、東野氏の思惑があったとも考えられる。一見地味に思える事件の裏には、実は何があったのか。それを19年の長い年月をかけ、読者の前で披露する。被害者の息子ー桐原亮司と容疑者の娘-唐沢雪穂という2人の人物の成長とともに。2人の周りでは奇妙な事件が多発することになるのだが、そこにあまり謎解きの要素はない。2人の心の闇、その深さを強調するのみである。あの事件は2人をなぜ変えたのか。それが読者の中でふつふつと湧いてくる。それが、物語の終盤になるにつれ徐々に明らかにされていく。桐原殺しの真犯人は誰であったのか、なぜ桐原は殺されねばならなかったのか。桐原亮司と唐沢雪穂。2人は何者なのか。それが分かった時は、背筋がゾクっとした。正確にいうと、今もゾクっとする。それくらい、ある意味で本作は怖い。解説にも書かれているように、東野氏の生まれは大阪である。東京と並ぶ大都会、大阪。その光と闇の両方を作者は経験していたに違いないと思うのだ。でなければ、こうした作品は書けないだろう。

『幻夜』は白夜行に続いた作品となっている。が、そのつながりは読者には巧妙に隠されており、白夜行を読んでいない人でも十分楽しめるつくりになっている。本作は、阪神・淡路大震災が始まりだ。震災の最中、衝動的に人を殺してしまった男-水原雅也とそれを目撃した女-深海美冬。男と女は運命を誓い合い、2人で生きていくことを決意する。男は女の言われるまま、次々と犯罪に加担していき…。というのが、『幻夜』のあらすじだ。深海美冬は何者なのか。それが分かった時は、うれしかった。ただ、ミステリ-として、謎解きとして面白さを追求する人には白夜行のほうがおすすめかもしれない。なにしろ、背筋のゾクっと感がちがう。

しかし作者の頭の中はどうなっているのか、と私は思う。どちらも、『読者が読んで謎を解く』タイプのものではない。その比重は少ない。しかし、これだけの長編をつじつまを合わせて書き上げるのは至難の業であるはずだ。作者の頭の中をのぞいてみたい、と思ってしまう。そして作者は、人間の闇を知っているともいえるだろう。それが、境遇など成長する過程の中で培われたものなのか、人の数倍想像力や探求心があるものなのかは知らない。たぶん、どちらもなのだろうが、よくもまあ、こんな動機を思いつくもんだ!と感嘆させられた(特に白夜行。あれじゃあ、ドラマ化(?)されるわな。きっと、今更?話題遅くね?って思われるな)
とまあ、2つともかなり面白いことは間違いがないです。ただ長編なので、そこは心してまだ読んでない人は読んでみてください。
げ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。