スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべてはモテるためである3回目

モテ

2回にわたってまとめをしてきたが、今日はラスト。
例によって、心に残った個所を引用しよう。

ある人間が「心の底から願っていること」「本当にほしがっていること」は、じつは「その人が他人に対して与える能力を持っていること」なのだ。たとえば、モテたいと切実に思っているあなたは、その一方でだれか(タレントとか、アニメキャラかもしれないけど)に恋してるでしょ?、と。その人は、あなたからモテている。「モテたい、モテたい」と言っているあなたは、「他人を愛する能力があるのだ」。(208頁)
この言葉などは、人の思考すべてに応用できそうである。

恋するとは、相手を求めること、自分のものにしたがること。愛するとは、相手から肯定されること。そのように筆者は定義する。
そして、自分がしたいことは、恋するじゃなくて、愛することなんだと認めたうえで、愛することによって自分が変わることを恐れないのが、つまり大人になるってことじゃないだろうか、と私たちに説く。(208頁)その姿、まるでお釈迦様のようである。

さらに話は続く。
子供であることのほうが変化の余地があって、大人になると人間が硬直すると考え得られがちだが、そんなことはない。子供であり続けるほうが『がんこ』で、自分を守っているのだ。

>大人だということは、『もう、そんな長い時間は残ってないんだから、なるべく他人を幸せにしよう』と考えることだ。(209頁)
この言葉などをみると、この本は、ほんとにモテ本だろうか、と読者に思わせる。それほどに、筆者の思考は果てしなく広い。(マジですよ、これ)私にはまだわからないが、いつか分かるときが来てほしい。大人になるということが。

こうして本書を振り返ると、『自分の頭で考える』ってことが、いかに大切であるかを痛感させられる。「人は、誰かの思うようにされたい生き物である」とは、養老孟司の言葉であるが、まさにその通りなのだ。人の意見に従っているほうが楽なのだ。そのほうが、エネルギーがかからない。また、自分の頭で考えることは、誰かに習うわけでもない。自ら学ぶ姿勢が重要なのだが、その視点は欠落している。終わりに掲載されている哲学者の國分功一郎氏のとの対談でも『生き方、というのは実は学ぶべきものなんだ。その視点が欠けている。』との言葉がある。『ロールモデルが単純(誰かの意見に従ったり、マネをすること)だと、たしかに楽なんだけど、その安楽さは自己否定と一体何ですね』。なんて含蓄に富んだ言葉であろうか、と思う。(220頁)

恋愛感情というのが自分の心の穴から出てきているもので、しかも心の穴が主として親によってあけられたものだとすると、恋愛は親子関係をやり直していることになる。こうした視点は新鮮で、新たな発見であった。親にしてもらえなかったことを、恋人にはしてほしいということか。
よって、自分の心の穴がどんな形をしているのか確認することが重要であるとなる。(つまりそれは自分の中の女性キャラを意識することだし、親との関係を再認識することである)(222頁)

最後に、本書のとりあえずのまとめをしておこう。買ったときは、本書がこれほど含蓄の富んだものであるとは思わなかった。よって、ブログに3回にわたってまとめを書くとは思いもよらなかった。まず、こうしてまとめを書いている時点で自分が相当恋に(もしかしたらそれ以外も)不器用であることを露呈してしまっているので、かなり恥ずかしい。けれども、本書の1番のテーマは『自分を持っている人とは、どういう人か?』という問である。その答は、『好きなことがあって、一人でいてもさみしくない場所』を持つことである。それが自分が何者か、を把握することになる。そのうえで、女性に臆病になりすぎず、相手の話をしっかり聴き(自分が変化することを恐れない)、自分の肚を見せる(判断は人にゆだねる勇気を持つこと)ことがモテる秘訣であると教えてくれるのではないだろうか。

まあ、言うは易く行うは難しで、今すぐに実践はできないだろうが、近い将来に自分にとっての『モテる』状態を実現したいと願っています。

みなさんも、面白い本ですから、是非。必ず得るものがありますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。