ギター弾きの恋

img_0.jpg

ギター弾きの恋。2000年、ウッディアレン監督の作品。

ジャズ全盛期のシカゴが舞台。
才能はあるのに売れないギター弾きの主人公は、毎日をうぬぼれと、焦りの中で過ごしていた。
ナンパしたり、真夜中に走る汽車を眺めたり、時にはピストルでネズミを殺す遊びをしたり。。。

ある街で、或る女と知り合う。ナンパで声をかけたその女性は、口がきけない女だった。
最初は軽い遊びとだけ考えていたが、だんだんその素朴さにひかれて同棲を始める。

毎晩飲んだくれて仕事をさぼる、遅刻する。
こいつは、俺といても幸せにはならないだろう、と思った主人公は
ある日、金だけおいてその人のもとを黙って去る。

その後、別の女性と出会い結婚生活を送るもののすぐ破綻。
そして再びあの街に帰ってきて、同棲していた女と再会する。

結婚を申し込もうと思ったものの、すでに女は結婚して子供もいた。
その晩、クラブで酒を浴びるほど呑み、別の女をナンパした主人公は
真夜中に汽車を見に行く。
そこで、ギターを弾く。

失って気づいた大切さ、自分を理解してくれる人が周りに誰もいないことの孤独。
彼はその時すべてを悟ったはずだ。

彼にはギターしかなかった。ギターだけが、彼であることのあかしだ。
ギターさえされば…
彼はそのギターを、木にたたきつけ破壊する。
ぶっ壊す。

彼は、その後表舞台から姿を消した。

<感想>
・才能を持っているのにくすぶっている男の破滅的な生涯を追った話。
・最後のギターをぶっ壊すところは、目が離せなかった。
・この映画が愛されるのは、いくつになっても人は、夢を見ている。日々を常に満足して生きている人なんかいない。
誰もが、うぬぼれと焦りの中で生きており、そこに共感してしまうからだと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR