スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森博嗣『やりがいのある仕事』という幻想を読む

元大学教官という著者が若者に対して『働く』ことについて語った本である。
基本的な考え方は以下の通り。
・仕事なんて、そんなたいしたものじゃない。
・権力は幻想である。

こうした意見を見ると、養老さんと似ている気がする。
大学の教官ということもあり、世俗から離れ、真に自由な思考ができるのだろう。もちろん、それを可能にする己の財力や地力が伴っているからだけど。

さて、私は中でも次に言葉に感動した。『人間の価値はどこで決まるか。それは、自分の中でどこまで納得した生き方ができるのか、である。自分で自分をどこまで幸せにできるか。』

これは相当に深いことを言っている。つまり、学歴や仕事先、配偶者などはその人の価値とは本来無関係なのだ。なぜなら、それに価値があると思い込むのもまたその人だからである。自分で問いを立てて、それに回答している。とすれば、自分の中で自分を幸せにする方法は、考え方によるものだとわかる。

人は環境に影響を受ける。勉強ができることが偉い、と語る親元で暮らしていたら、子供もそういう思考をするのだろう。しかしそれはあるラインを超えると単なる思い込みでしかない。運動ができる、おしゃれである、女にもてる。すべては、いろいろな状態があるだけの話であり、それに価値をつけるのもまた人である。とすれば、自分で自分を評価することができるのが、大人である、と言えそうだ。

俺はまだ若い。柔軟な思考が自然とできるレベルにある。しかしながら、ここまで来るのに結構な時間を要してしまった。また、これから年を取る中で柔軟な思考ができなくなる恐れがある。こうした恐れを抱いてこそ、常に柔軟な思考ができ、自分で自分を評することのできる大人になれるのだ、と思うのだ。

最後に、著者に言葉の中で1番感動したものをひとつ。
本当に楽しいものは、人に話す必要なんかない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。