スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAKESHIS'

takesizu.png

TAKESHIS'。たけしの映画は好きだが、いかんせんこれは難解だった。

本作のキャッチコピーは
「たけしがたけしに出会う」「たけしがたけしを演じる」

だったそうで、この2つに本作の真意が詰まっている。

大物芸能人として成功している’ビートたけし’と
売れない役者の’北野’。

この2人をたけしが両方演じている。
2人は瓜二つの容姿だが、生きてる世界がまったく違う。

北野はやっとの思いで受かったオーディションで、ピエロの役をもらう。
その折、憧れのビートたけしに出会いサインをもらう。

「北野さんへ」って書いてください。
ここが、『たけしがたけしに出会う』ってとこだ。


でも書かれたサインには、ピエロさんへと書いてあった。
逆行した北野は、ビートたけしを自宅の包丁で刺し殺してしまう。

その後は、

北野がビートたけしの代わりを演じ続けている。

そういう映画。

この映画は、結論を書いてしまうとそれだけなのだが、
わかる人だけついてきなさい、っていうたけしの宣言と
実験的手法によって撮られた映像、編集。

そうしたモノを楽しむ映画だろう、と思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。