シンゴジラ

シンゴジラ 

シンゴジラを観た。
これは、最近見た映画の中で、一番だ。

映画館で観た映画の中では一番。

特によかったと思うのは、ゴジラ=核、放射能
っていう設定に戻ってたとこ。

ゴジラ=怪獣プロレスって認識の人が多いけど(僕の友達もそうだった)
ゴジラはもともと、戦争や原爆の暗喩であり、政治性のある映画だった。

けれど、それを色濃く出してもウケない。
メッセージ性を強く、かつ面白くっていうのは、
並大抵の努力じゃできない。
それは、漫才でも、自分がしゃべる時でも一緒だ。

圧倒的なリアリティー、格好良さが必要になってくる。

字幕の多用、情報量の多さ、会話のスピード、オマージュ、音楽、
すべてがカッコよかった。

個人的には、字幕と、超高速度な会話の2つが気持ちを揺さぶられた。

字幕ファンになりそうさえある。

「無人在来線爆弾」をカッコよかったなぁ。

とにかく、映画館で見たほうが絶対いい映画である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR