マン・フレッド・マン『ドゥ・ワ・ディディ・ディディ』を聴く。

水道橋博士著『藝人春秋』の甲本ヒロトの章のなかで、当時中学生だった甲本ヒロトがある曲を聴いて、生きていくことがリアルに感じられた、俺にはロックしかない、と思ったと語る文章がある。

それが何を隠そう、マン・フレッド・マン『ドゥ・ワ・ディディ・ディディ』である。

それを今回、初めて聴いた。また、一つロックの世界を知ることができた。
俺たちの曲を聴いて、もっとロックンロールという世界を知りたいと思ってくれるのが一番うれしいと前に甲本ヒロトが語っているのを動画で見たことがある。

だとすれば、俺は完全に術中にはまっているのである。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR