池袋演芸場に行ってきたぞ

ikebukuroenngei.jpg

初めて池袋演芸場に行ってきた。
浅草の寄席に入ったことがあったけど、また雰囲気が違いよかった。

客数は100席ほど、17時からの講演ということもあり
客はまばらであった。
大都会東京の池袋にありながら、そこだけ何かが保存されてるような
小気味のいい空間な気がした。

落語は好きだ。
小さい時に、枕もとで母親が絵本を読んでくれた。そんな感覚に近いからだろうと思う。
ただ、人によってうまい下手に差が大きく、結局1時間ほどいた段階で
後半は聞かずに帰ってしまったが。

立川談志が笑点をつくった。その背景には、落語がいつか能や歌舞伎と同じ古典芸能になってしまう、そんな恐れがったと聞く。
最近では、品川落語心中?みたいなタイトルの漫画も出たこともあり
わずかではあるが若い女性の姿もあった。
また、明らかに大学の落研かな、と言う人もあった。
けれど、大半はじいさんばあさんである。

面白い人の落語を生で聞いてみたいなぁ。
新朝とか、談志は、CDでしか聞いたことがないから。

でも、いまだにああゆう場所が残ってるのは東京の大きな魅力であり、
強みだと感じた。
異質なものが平気で同居しているのが、東京の良さだと思う。
それを粋だと表現するのだろう。(しないかな。。。(笑))

他の寄席にも行ってみたいなぁと思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR