江戸川乱歩美女シリーズ『天国と地獄の美女』(パノラマ島奇談)を観る

これは、かなり昔のドラマ作品である。自分の親でも古い作品になるのではないだろうか。
そんな古いドラマをなぜ見たのか。江戸川乱歩が好きだからである。ちなみに、江戸川乱歩は大槻ケンジさんがファンだということで、読み始めた。

さて、ドラマの話である。何と言うか…(笑)
いや、見てくれたらわかる。江戸川乱歩の作品は、悪く言えば荒唐無稽、そんなのあり?という設定が多い。例えば、このパノラマ島奇談は人見浩介と郷田源三郎という瓜二つの2人の男が入れ替わることから物語が始まる。しがない芸術家の人見はパノラマ島という人工的な夢の島を作ることを夢想していた。資産家である郷田が死に、入れ替わることでその莫大な資産を使って夢の島、パノラマ島を作る。

しかし、冷静に考えていくら瓜二つでも別の人間が入れ替わるなんて不可能だろう(笑)
郷田の奥さんは後に気付くのだが、結構時間がかかるのである。そんなのすぐわかるっての。奥さんに正体がばれた人見は、最後、人間花火となってパノラマ島の夜空に散る。この終わり方もすごい。花火の噴射で、人間が夜空に飛ぶことなどできるのか(笑)

とまあ、このように突っ込みどころが満載の江戸川乱歩なのであるが、それでもいまだに読者を離さないのは、その発想であろう。
パノラマ島奇談しかり、人間椅子しかり、そんな発想しないよ、という物語を平然と書くことができるのが乱歩なのだ。『発想で勝つ』という典型の作家だと自分は思う。前に、「自分にっとっては、小説を書くことが犯罪を犯す解毒剤になっていた。」と乱歩が書いた文章を読んだ。そういう人物なのだ、乱歩は。

そんな人が作った作品はやはり面白い。みなさんも、是非一度、小説を読んだり、ドラマを見てみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR