井上雄彦『リアル』


リアル 7 (ヤングジャンプコミックス)リアル 7 (ヤングジャンプコミックス)
(2007/11/29)
井上 雄彦

商品詳細を見る


久しぶりに、『リアル』を読んだ。作者は、スラムダンクで有名な井上雄彦。車いすバスケをテーマにした作品である。
いや~、井上雄彦スゲェな。
井上雄彦の作品に出てくる人々は、もがき、苦しむ、強い人間だ。私たちは普段、もがいて、苦しんでいる。ただそのあと、立ち上がる人間と倒れてしまう人間がいる。
井上の書く人々はみな、倒れても倒れても立ち上がる。
並の筆力の作家であれば、そうした姿を書くと、単純に『汗臭さ』『泥臭さ』が残るだろう。しかし、井上の作品には、常に光があり、さっそうとした風が吹いている気がする。(リアルはスラムダンクよりは、泥臭い)しかし、『リアル』の中には、なんと含蓄に富んだ言葉が詰まっていることか。ここでは書ききれないくらいたくさんあり、そのすべてを思い出すことはできない。また、内容をそらんじるものでもないように思う、マンガってそういうもんですよね?ただ、人生の曲がり角で、幾度となく読み返してみたい、そんな1冊だと思う。また今度、読もうっと
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR