スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中高生のネット依存について思うこと

中高生のネット依存という記事に驚いた。記事によれば、中高生の10人に1人弱、クラスで3人ほどがネット依存の状態であるという。これは、アルコール依存と同じ割合なのだとか。すべての依存症がそうであるようにネット依存もまた、病気である。ネットのヘビーユーザーとの違いは、自分の意志でやめられるかどうか、だという。ネット依存にかかった人は、寝食を忘れてネットに向かってしまい、健康や人間関係に悪影響を及ぼすのだそうだ。(学校に行かなくなる、睡眠時間が短くなる)

ふと、2冊の本に書かれた文章を思い出した。
1つ目は、石田衣良『傷つきやすくなった世界で』より。『情報が増えるということはそれだけ迷いも増えるということだ。小さな声で言うけど、新しいテクノロジーなどなくても全く快適に生きていけるのだ。』

傷つきやすくなった世界で (集英社文庫)傷つきやすくなった世界で (集英社文庫)
(2011/11/18)
石田 衣良

商品詳細を見る

2つ目は、中川淳一郎『ウェブはバカと暇人のモノ』より。ネットは超便利なもの。それくらいの扱いでいいではないか。ネットはあなたの人生を変えはしない。好きな人に会えばドキドキするし、友人に裏切られれば悲しくなる。人は有史以来、同じ悩みを抱えて生きていくほかないのだ。

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
(2009/04/17)
中川淳一郎

商品詳細を見る


さあ、貴方の人生の主人公は貴方であるはずだ。人間は、スマホやネットを運ぶものではない。そこから先は、自分次第である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はし

Author:はし
さいたま在住の22歳、男です。
本の感想や気になる社会テーマについて、書きます。
気軽にコメントしてください(^^)
写真は、江口寿史の作品です。こういうコにあこがれちゃいます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
こびとさんの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。